足の臭い対策は今日からでもできる

足の臭いで困っているのなら、今日からでもできる臭い対策をすべきです。
最近では足の臭いだけではなく、口臭や体臭など臭いそのものに気をつけるのはエチケットの1つだと言えます。
通勤電車の中で加齢臭がするオジサンに嫌な思いをした人も多いでしょう。
こうした不快な思いを知らず知らずに他人へ与えている可能性もあるので、足の臭いに気づいたのならすぐにでも対策をすべきなのです。

足の臭い対策には専用のものがいいの?

最も手軽にできる足の臭い対策としてはデオドラント製品を利用することです。
デオドラント製品は沢山の種類があるので、既に使っているという人も多いでしょうが、ちょっと待ってください。
そのままいつも使っているものを流用しても、意味がないどころか、余計に足の臭いを増幅させてしまうかもしれません。
特に女性などで多いのですが、香料の入ったタイプのデオドラント製品を利用すると、足の臭いとまざってしまって臭いが酷くなる可能性が高いのです。
ですので、足の臭い対策としてデオドラント製品を利用するなら、それ専用のものを使うようにしてください。

すぐにできる足の臭い対策って?

今すぐに手持ちのデオドラント製品でなんとかしたいのなら、その方法を紹介しておきましょう。
まず手持ちのデオドラント製品をそのまま利用するのは避けてください。
利用するのは良いのですが、先にすることがあります。
それは一旦靴や靴下を脱いで、足をきれいに拭くということです。
臭いがついている状態でデオドラント製品を利用しても意味がありませんので、トイレなどに入った時に、軽く手洗い場でハンカチを濡らしておき、足をしっかりと拭くようにしてください。
その後、トイレットペーパーなどで足の水気を取ってから、デオドラント製品を使います。
同様に靴に対しても中を軽く拭いてから、デオドラント製品を使っておくと臭いが軽減されるでしょう。
スプレータイプなら靴下などにそのままふりかけても大丈夫ですね。

足の臭い対策のコツはなに?

足の臭い対策をする時のコツは大きく2つあります。
1つは足の雑菌を繁殖させないように、殺菌や除菌などをしっかり行うことです。
足の臭いは雑菌が繁殖する時に、そのエサを分解することで発生する成分が原因なので、ともかく雑菌を減らすことが大切だと言えます。
もう1つは足を清潔に保ち、できるだけ高温多湿の環境を作らないことです。
雑菌が繁殖する条件が高温多湿という環境にあるので、できるなら通勤用の靴、職場用の靴というように履き替えることをオススメします。
高温多湿という環境を作らないようにすれば、雑菌の繁殖を抑え、足の臭い対策が可能になります。
デオドラント製品は両方に効果があるので、すぐにでも始めることができる手軽さとともに消臭に期待が持てるのです。

足の臭い対策に使いたいデオドラント製品の選び方と使い方

デオドラント製品は沢山あるので、どれを選んでいいのか分からない人も多いですよね。
特に足の臭い対策には何がいいんだろうと悩んでいる人も多いようですので、選び方や使い方を調べてみました。

デオドラント製品の種類を知っておこう

先程もお伝えしましたが、デオドラント製品は沢山あります。
ですので、まずはどんな種類があるのかを知っておくことが大切です。
代表的なものだけでも、スプレータイプ、ローションタイプ、シートタイプ、ロールオンタイプ、スティックタイプ、クリームタイプがあります。
これだけ種類があるとなると、どれを選べばいいのか分からなくても当然でしょう。
中でも最も代表的なのがスプレータイプなのですが、足の臭い対策に使うには向いていません。
では、この種類の中では何が足の臭い対策に向いているのかと言うと、最もオススメなのがクリームタイプです。
なぜかと言うと、効果の出方が早い点と、足にも使いやすい点の2点が揃っているからです。
他にも時間がないときの対策としては、シートタイプやロールオンタイプもオススメできます。

足の臭い対策にデオドラント製品はどう使うの?

デオドラント製品の使い方はとてもシンプルです。
まずデオドラント製品を使う前に、いちど足をきれいにしてください。
雑菌や汗、皮脂などがついた状態でデオドラント製品を使用しても、ほとんど意味がありませんので、まずは清潔な状態に戻すことが大切です。
この時に注意したいのが、乾燥したタオルなどを使うのではなく、ウェットティッシュなどを利用します。
乾燥したタオルですと、雑菌などを拭き取れませんので、除菌ができるタイプのウェットティッシュや、シートタイプのもので清潔にしましょう。
その後に、ロールオンタイプやクリームタイプのデオドラント製品を使うという流れです。
ちなみにですが、最も効果の出方が早いのがクリームタイプになります。

1日の最後にはきちんとリセットしよう

最近だとデオドラントにも肌に優しい成分が使われているものが多くなりました。
しかし、どんなに肌に優しい成分だとしても、基本的には雑菌を殺す作用があるものですので、1日中つけっぱなしにするのは肌にも良くありません。
また、人間の皮膚には常在菌といって、必要な細菌も住んでいるのですが、これらまで死滅させてしまうと、より強い細菌が繁殖する可能性もあるのです。
なので、1日に1回は入浴時にきれいに落とすようにしてください。
その時に、足をしっかりと洗うようにするのも、臭いの対策になります。

足の臭い対策になる専用の石鹸とは?選び方をご紹介

足の臭い対策の1つに石鹸でしっかりと洗うという方法があります。
ここでポイントなのが、石鹸である点です。
ふだん身体を洗う時にはボディソープを使っている人も多いでしょう。
ですので、足を洗うのにもボディソープを利用していてもおかしくありません。
しかし、実はボディソープよりも石鹸の方が効果を期待できるのです。
さらに足の臭い対策としては、専用の石鹸もあるので紹介していきましょう。

足の臭い対策には石鹸の方が良いって本当なの?

足の臭い対策として利用する場合、ボディソープよりも石鹸の方が良いとしました。
その理由はシンプルで、ボディソープには保湿成分が含まれているからです。
肌の潤いを保つという点では、ボディソープの保湿成分は欠かせません。
しかし、足の臭い対策となると話が違ってくるのです。
そもそも足の臭いとは常在菌が高温多湿の環境におかれ、繁殖しすぎてしまうことにあります。
ですので、足の臭い対策には乾燥が重要だとされているのです。
しかし、保湿成分とは肌に潤いを与えるものなので、まったくの逆効果になってしまう可能性があります。
結果、ボディソープよりも保湿成分が入っていない石鹸の方が有利なのです。

足の臭い専用の石鹸ってなに?

足の臭いを抑える対策として重要なのが、常在菌の繁殖を防ぐことにあります。
もともと常在菌とは人間の皮膚に住んでいる細菌のことで、この細菌がいるからこそ他の人体に有害な細菌の繁殖を防げているのです。
ですので、常在菌を殺しすぎてしまうのも足の臭いにとって、マイナスになります。
が、増えすぎてしまった常在菌が足の臭いの原因ですので、ある程度は取り除いておく必要があるのです。
そこで利用されているのが、消臭専用の石鹸になります。
足の臭い対策として石鹸を購入するのなら、断然専用石鹸がオススメです。
何故なら、専用の石鹸には保湿成分の代わりに、常在菌の繁殖を抑えるほどの殺菌力がいるからです。

足の臭い専用石鹸はどう選べばいい?

上でお伝えした通り、基本的に専用の石鹸は殺菌力で選ぶべきです。
ここで1つポイントになるのが、殺菌力という点ですね。
殺菌力が強ければ強いほど、足の臭い対策として成り立つのですが、1つ気をつけておきたいのが、石鹸の成分になります。
ここに薬用と記載してあれば、それだけ殺菌力が強い石鹸だと言えるでしょう。
また、専用の石鹸ですと古くなった角質層を落とす成分も含まれています。
古い角質層をエサにして雑菌は繁殖していきますので、ヤスリなどで落とす必要があるのは覚えておいてください。